外保連とは

書籍案内

外保連試案

外科系学会社会保険委員会連合(外保連)による
社会保険診療報酬改定の参考資料の最新版が完成
『外保連試案2018』
『外保連試案2018』
(平成29年11月29日刊行)
sample

外保連試案とは、外科系学会の保険診療担当委員が討議を重ね、学問的根拠に基づいて算出したものです。保険診療報酬の改定の際に、厚生労働省等も本書を重要な資料として使用しており、2010年~2016年の診療報酬改定において厚労省・中医協で活用されました。

また、DPC病院の要件として「外保連手術指数」(本書2018年版に収載)が活用されています。

新たに2016年に第1版が作成された「内視鏡試案」(内視鏡検査・処置・手術)の改訂版が、本書に収載され、医療材料データ(手術・検査)をpdf形式で収載した、CD-ROM付きで販売(10,000円+税)いたします。

さらに、「点数表コード索引」が、Kコードだけでなく全編にわたって網羅され、今までよりもさらに検索しやすくなりました。

以前は、外保連事務局にて実費販売をしておりましたが、外保連試案2012より、医学通信社にて販売することとなりましたので、注文も医学通信社(http://www.igakutushin.co.jp/)(03-3512-0251)へお願い致します。

平成29年11月 一般社団法人 外科系学会社会保険委員会連合 会長 岩中 督

pdf外保連試案2018 正誤(PDF/192KB)

外保連事務局
TEL 03-3459-1455  FAX 03-3459-1456
E-mail office@gaihoren.jp